ヒバクシャとともに、核兵器のない世界を愛知からひろげましょう。

1945年8月6日と9日、米軍が投下した2発の原子爆弾は、一瞬に広島・長崎を殲滅させ、数十万の人々を無差別に殺傷しました。

そして生き延びた人も次から次へと倒れ、70年すぎた今でも後遺症に苛まれています。子や孫に不安を抱えながら生き抜いてきた被爆者が「後世の人びとが生き地獄を体験しないように、生きている間に何としても核兵器のない世界を実現したい。」と2016年4月、平均年齢80歳を超えたヒロシマ・ナガサキの被爆者が国際署名をはじめました。核兵器禁止条約が議論されている国連総会に2020年まで毎月届けたいと呼びかけています。

愛知県の被爆者団体である愛友会は、この提唱を受け止め、平和を愛し核兵器の廃絶を願う県内の幅広い団体、個人のみなさんと力を合わせ、ヒバクシャ国際署名を進めるため「愛知県民の会」を発足します。「愛知県民の会」は自由に個人・団体が集まって愛知県に暮らす人々の「核兵器をなくそう」「誰も二度とヒバクシャにさせてはならない」という声を束ねて、国連に届けるために力を合わせます。一筆の署名を積み上げることで、何億という世界の世論をつくり国際政治を動かす力になります。あなたも、ヒバクシャ国際署名を集める活動を私たちと一緒に始めませんか?

あなたの参加を心から呼びかけます。

ヒバクシャ国際署名を進める 愛知県民の会


ヒバクシャ国際署名にご協力ください。

hibakusha-rogo-color2.gif

「ヒバクシャ国際署名」とは?​

「後世の人びとが生き地獄を体験しないように、生きている間に 何としても核兵器のない世界を実現したい。」

 2016年4月、平均年齢80歳を超えたヒロシマ・ナガサキの被爆者が国際署名をはじめました。核兵器禁止条約が議論されている国連総会に2020年まで毎年届けます。

 この国際署名は、賛同する個人・団体が自由にそれぞれの条件を活かして参加することができます。

 

呼びかけ人被爆者

(呼びかけ人被爆者代表)田中熙巳【日本被団協・事務局長】

(呼びかけ人被爆者)坪井直、谷口稜曄、岩佐幹三 【日本原水爆被害者団体協議会 ( 日本被団協 ) 代表委員】

郭貴勲【韓国原爆被害者協会・名誉会長】 向井司【北米原爆被害者の会・会長】

森田隆【ブラジル被爆者平和協会・会長】 サーロー・セツコ【カナダ在住】 山下泰昭【メキシコ在住】


center

Latest Blog Post
#
「Peace Wave2018」は核兵器廃絶を願うすべての市民が参加できる全国同時多発的アクションです。 愛知県民の会では、ヒバクシャ国際署名・宣伝行動と平和へのメッセージを短冊に書いてもらい、アピールします。ぜひご参加ください。
2017/08/01 17:16
7月30日、「ヒバクシャ国際署名をすすめる愛知県民の会」の設立の集いが、イーブルなごやで開かれ、120人が参加しました。
2017/06/30 16:14
7月30日(日)13:00〜15:00 イーブルなごや3階ホール 平和を愛し核兵器の廃絶を願う県内で活動する団体・個人のみなさんと協同して署名推進をはかるための会として「愛知県民の会」を提唱し、多くの呼びかけ人をつのり、今回、「会」の設立に至る事になりました。

現在の署名数

183,961

(2018年10月15日現在・愛知県)

次回の集約は2018年11月15日頃を予定しています。


賛同団体・個人

82団体

402個人

(2018年1月17日現在・愛知県)


私たちは呼びかけます

恩田 明彦
被爆者、愛知県原水爆被災者の会 理事長
沢田 昭二
被爆者、愛知県原水協 理事長
黒田 武儀
被爆者
竹内 宏一
元原水禁愛知事務局長
益川 敏英
ノーベル平和賞受賞者
丹羽 宇一郎
元中国大使、前伊藤忠商事会長
夏目 有人
コープあいち理事長
松田 正久
愛知教育大学名誉教授・前学長
池住 義憲
NGO役員、元立教大学大学院特任教授
横田 正行
愛知私教連委員長
稲福 繁
愛知淑徳大学教授、元愛知医科大学学長
早川 純午
医師、愛知県民主医療機関連合会会長
荻野 高敏
小児科医、愛知県保険医協会理事長
浅野 晴義
核戦争に反対する医師の会愛知県代表
花井 増實
弁護士、元愛知県弁護士会会長
天野 鎮雄
俳優
山田 昌
女優
五島 良子
シンガーソングライター
うの ていを
経済学研究者
石川 勇吉
愛知宗教者平和の会代表世話人
中村 紀子
名古屋YWCA会員
大東 仁
真宗大谷派円光寺住職

ヒバクシャ国際署名に署名しました(愛知県内の首長)

愛西市長日永 貴章

あま市長村上 浩司

稲沢市長加藤 錠司郎

犬山市長山田 拓郎

岩倉市長久保田 桂朗

北名古屋市長長瀬 保

清須市長永田 純夫

江南市長澤田 和延

小牧市長山下 史守朗

知立市長林 郁夫

津島市長日比 一昭

豊明市長小浮 正典

半田市長榊原 純夫

みよし市長小野田 賢治

弥富市長服部 彰文

大口町長鈴木 雅博

大治町長村上 昌生

蟹江町長横江 淳一

武豊町長籾山 芳輝

豊山町長服部 正樹

東浦町長神谷 明彦

扶桑町長千田 勝隆

飛島村長久野 時男

(2018年1月17日現在)


賛同&支援の方法

署名に協力する・署名活動をする

署名用紙をダウンロードできます。また、オンライン署名でも署名していただけます。

ヒバクシャ国際署名公式WEBサイト
http://hibakusha-appeal.net

署名用紙をダウンロード

賛同金を支援する

愛知県民の会は皆様の賛同金で運営をしています。賛同金のご支援をお願いします。

賛同金は、個人1口1,000円、団体3,000円です。2口以上も大歓迎です。

ゆうちょ銀行振替口座のご案内
口座名義:012060-15329261
口座名義:愛知県民の会

推進連絡会に参加する

会の趣旨に賛同する個人、団体は会に参加することができます。なお、「愛知県民の会」設立にあたり、会の宣伝物等にお名前・肩書き・団体名を記載させていただく予定です。

個人参加/団体参加、お名前/団体名、住所、電話番号、メールアドレスを下記までお知らせ下さい。

FAX:052-325-7902
郵送:462-0841 名古屋市北区黒川本通20-11-1
コーポタニグチ201


活動内容

被爆者を先頭に署名宣伝行動

被爆者の代表が国連会議議長に署名を提出